主人が出張で…

出会い系サイトの中で『人妻』と言えば、確立した一つのジャンルだと言えます。女性会員の中で人妻の割合がそれほど多いかどうかは別として出会い岡山出会い系サイトの攻略法などを見ていても、必ず「人妻攻略法」は登場します。人妻からのニーズが高いのか、人妻との出会いを求めている男性が多いのか?おそらくそのどちらも事実でしょう。しかし、そのように双方のニーズが一致していれば、もっとたくさんのカップルが誕生していてもいいと思いませんか?
筆者は実際に出会い系サイトを介して何人もの人妻と出会いましたが、意外にもその人妻たちは皆、さほど遊んでいるタイプの女性ではありません。彼女達に聞いてみると、出会い系サイトを利用しているだけで「不倫している」という後ろめたさを感じているようで、もし関係がバレた時には、そのリスクもかなり大きくなります。そんなリスクを背負っている分、相手選びには慎重になり「この人なら」とよほど信用できる相手でなければ、相手にはしないそうです。
さて、先にいいました通り「人妻攻略法」があるくらいですから、人妻との出会いを求めている男性利用者は相当数いると考えられます。ニーズがあれば、そこを狙ったサクラが多くなるのは当り前ですね。人妻という設定自体は古くから使われる手段ですが、それだけでは騙される人も少なくなったのでしょう、今では何かしらのプラスαが加えられています。
よく使われるプラスαは「シチュエーションの演出」です。「主人が出張…」などは人妻なら使いやすい設定ですね。普段は夫には内緒で利用している出会い系サイトも、今日は旦那がいないから堂々と会えますよ…という出会いのチャンスを作るのです。一見、家庭内の極わずかな隙間を使って、出会いを求めているように見えますが、これもサクラの手段だと言いきれます。なぜかというと、先ほども説明した通り、人妻はかなり大きなリスクを冒し、慎重に信用できる相手を見極めようとします。それに反して、どんな人がわからない男性に自分からアプローチしてくる可能性は無いということです。つまり「人妻」という設定したサクラだけが使えるシチュエーションということですね。

関連記事

    None Found

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です